スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

らいでぃーーーん!

9月13日。ぱちんこ日記。

きょうは、あたらしく入ったライディーンって台をうちました。

かくへんがいっぱいつづくんだって。99パーセントぐらいなんだって。

でも、そのチケットを手に入れるにはまず、399分の1のカベをぶちやぶらなきゃいけないんだって。

しゃくねつ!
って声がして、ライディーンがロケットみたいなってぶるぶるしたけど、ぜんぜん当たらなかった。

「しゃくねつ」
って、どーゆーいみ?

ヤケドしそうなぐらい熱いっていみかと思ってたけどちがうみたい。

399分の1のカベはベルリンのカベよりがんじょうなんだね。

ベルリンのカベってなんだか知らないけど。


ライディーンは見たことないマンガだけど、
フェードイン!
ってするとライディーンと1つになって強くなれるんだって。

わたしはライディーンと1つになれなかったから

フェードアウト・・・

ってつぶやいてお店をあとにしたよ。


おさいふの中のゆきちたちもいっぱいフェードアウトしてた。

なんか・・・かなしくなって頭もわるくなったみたい。

あ?・・・もともとか。


しゃくねつ→ ランキング



【PR】飲まなきゃやってられないあなたに。ノンアルコールビール


 

確変100%ですから

CR科学忍者隊ガッチャマンHSTVは、399.61分の1の壁を突破して大当たりを引けば、

確変突入率、100%

ひ ゃ く ぱ ー せ ん と 。

ふふふふふ・・・・



そんなガッチャマンで勝負した私の、嬉しかったこと。

399.61分の1という、ぶ厚くそびえ立つ壁を

わずか5人のヒデヨで打ち破ったこと。

意外に楽勝。



そんな私の、悲しかったこと。

・・・はい、カンのいい皆さんはもうお分かりですね。

確変突入率100%とはいっても、確変タイムは60回。
そう、60回の間に当たりを引けなければ、確変終了なのであーる。

そして、私は、当たりを引くことができなかったのであーる。

わかるかな・・・
あの、何事もなく60回転が過ぎていく虚しさ・・・・・。


そして、さらに悲しかったこと。

・・・・・あぁ、もう、これ以上は語れない。


涙で明日が見えない。ランキング

 

さよならエヴァ・・・

今日という日は、


新エヴァを打って

1kで当たって確変引いて

加持さん全回転も見て調子にのって

こんな写メとか撮って浮かれていたら

エヴァ06


出玉全部のまれて

1000回ハマッた辺りでやっと当たって。





単発が。



さらに600ハマッてリツコさん群とアスカ群をはずして死亡遊戯確定。


って感じの1日ですた・・・。


かぁさん・・・
ぁの扉の向こうには、魑魅魍魎の世界が広がっていたよ・・・。


グホッ(吐血  ランキング


 

竹内力じゃけー

あー。なんか、清々しいね!


竹内力のムラマサって台を打ったんです。
この台ね、なんと連チャン率90%!

きゅうじゅっぱーせんとって、どんだけー?(古

でも、90%にたどり着くには、まず、397.40分の1の壁を突破しなきゃならないんですけどネ。

でもほら、私が打てば、あっさりと確変で当たって ↓

CR竹内力2


全部「7」でハズレようがなかったりして↓

CR竹内力1



連チャンだるま(左下に注目よ)も順調に増えてって
CR竹内力


あっという間に1万発オーバー。


あー、なか楽勝だなー。


って思ってるうちに、全部のまれてね。


その上、なんでか、お財布の中のユキチが全部消えちゃった。


一文無しって、なんか、


清々しいよね!


涙の⇒ ランキング





 

灼熱タヌキ

今日ね、暴れん坊将軍を打ったらね、

またあのタヌキみたいなキャラが出て、メラメラと燃えてた。

でもって、

灼熱

って書いてあった。

し ゃ く ね つ !

あらどーしましょ。
また当たっちゃうゎ―。

と、今日も打ち始めて1ヒデヨぽっちで大当たりを引いちゃった(1セットだったけど)私は余裕で見てたんです。

当たる準備万端。

だって、灼熱ですよ?灼熱。
焼けつくほどに熱いんです。熱さ最高潮!なんです。
これもう、プレミアでしょ?

みたいな気分でいたんですけど、
それにしては、演出が淋しい。

もっとこう、ぎらーん!とかジャキーン!!とか
ピカピカピカー!とかきゅいぃぃぃぃぃ~ん!
とかあってもいいのに、なんか静か。

いやでも灼熱だし・・・・と思ってリーチを見守ってたら、

ハズレましたヨ。

びっくりするぐらいあっさりと。

ぁり???
吐血率ナンバー1の藤商事にしては、ずい分あっさりしたハズれ方…。

いつもなら、ひっぱるだけ引っ張って、期待最高潮でバス!っと切られる、みたいな感じなのに。

おかちい。

ところで、あのタヌキみたいキャラ、「灼熱くま」っていうらしい。

くまかよ!
ってそこじゃなくて、

灼熱ってなんだよ!? と私は思ったんですよ。

「熱い」と「激アツ」なら、絶対に激アツが熱い。
でもって、「激アツ」と「灼熱」なら・・・灼熱がアツイ!
と私は思うんだけど、なんだこの「灼熱」の扱い方は?
おかしくないか?
もっとこう、思わず吐血しそうな演出じゃなくていいの?


と、「灼熱」と「吐血」との関係を延々と考えているあいだに、

2ユキチ消滅。


チーン

・・・・極寒。

ひゅぅるり~~ ランキング

 

だまされても・・・

ぁ、もしもし?あ、オレオレ。

 え?だれ?

俺だよ、オレ。

 オレって・・・ぇ・・・・まさか・・・・ヒロシッ?

ぁ、そうそう。ヒロシだよ、ヒロシ。

 何よもぅ!連絡もくれないで!!ずっと心配してたんだから!

あ・・・ごめんゴメン。電話しようと思ってたんだけどさ、実はいろいろあってさ・・・

 色々ってなによ!
 結婚しようって言ったきり・・・・私の返事も聞かないでいなくなっちゃって・・・。

だからゴメンって。
ぃや、あのさ、実はさ・・・ォレ、お前と結婚しようと思って・・・お前にふさわしい男になるために人生の修行に行ってたんだけどさ・・・

 ぇ・・・。私のために・・・

うん。だけど、ちょっと・・・ヘタ打っちゃってさ・・金が必要なんだよ

 ぉ金って・・・・

そのお金さえ用意できれば、お前と結婚できるんだけどさ・・・・・

 ぇ・・・・結婚・・・・

ぅん。ずいぶん待たせたけど、もうオレの気持ちは決まってるからさ。お前しかいなんだ。

 ・・・・ヒロシは-と

だけど、それには金が要るんだよ、金が。

 ぉ金って・・・いくら?
 ぁたし、ヒロシと結婚できるなら、なんだってするゎ!



今日、CRシティーハンターを打ったんですよ。
2ユキチがいなくなって、その間、XYZの連続予告やら熱そうなリーチやらを次々にハズした私は、こりゃ一体どーしたら当たるんだろーかって途方にくれました。
そしてお財布にあった最後の紙のお金がサンドに飲み込まれたとき、なんか知らないけど当たったんですよ。

・・・ぃや、当たったってゆーか、またワケのわかんない何チャラモードみたいなのになった。
でもって480回転ぐらいだったカウンターが0にリセットされて、大当たり回数が1回増えてた。
・・・当たったんだろーか。
2Rランプ、見逃しちゃったんだけど、これはステキな確変ってやつにひっそりこっそり変わったんだろーか。
それともぁれか、またガセか。ガセなのか。

お財布にはもう小銭しかないけど、小銭じゃ銀玉は買えないし、ぁれか。銀行か。銀行に行ってお金を下ろしてこいってことか。

と、平然を装いながら心の中で激しい葛藤を繰り広げ、結局、追加投資。

でね。

2ヒデヨをサンドに入れたあたりで、また当たった。

ぃや、当たったってゆーか、(以下リピート)

ってことを虚しく3度ほど繰り返した私は思った。

なんか・・・オレオレ詐欺と結婚詐欺のダブルパンチにあってるようだ、と。

ヒトの弱みにつけこんで、何よっ!


そんなこんなで今日も、ドル箱に溢れる銀玉じゃらら~・・・・・経験できず。


食あたりとか
バチあたりとか
ガセあたりとか

そんなもんしか当たらない自分が、悲しい。


小当たり⇒ ランキンぐ


 

これより修羅に

かあさん。
ボクはね、2R当たりの意味がわからないんだ。
小当たりの意味が分からないんだ。

New慶次を打ったら、2千円で当たったんだ。
それから、サクサクサクッと13回も当たったんだ。


出玉のない、小当たりなんちゃらってやつが。


ぼくだってバカじゃないんだ。
ワナだって思ったんだ。
だけど、ヤツらが寄ってたかって言うんだ。

「入ってる!」
とか
「潜んでますね」
とか、
それっぽいことをボタンを押すたびに言うんだ。

まるで期待させるだけさせてお金をさんざん貢がせたあげく、いざとなったら逃げ出すタチの悪いキャb・・・。

人生修行の足りないボクは、そこできっぱりと断ち切ることができなかった。

だからひっそりこっそり確変が潜伏していることを願いながら、ユキチをつぎ込んだ。

だけど、気づいた。

大当たり回数が13回、
その総回転数が700回を超えたとき、さすがにこれはナイだろ、って。
いくらんなんでも確変だったらハマりすぎだろ、これ。

だけど、そう悟ったとき、また来たんだ。
14回目の大当たりが。

しかも、2Rランプまで点いちゃった。

今度こそ、
これこそ、
潜伏したかもしれぬ!


再び戦う意思を固めたとき、



ユキチ戦闘部隊、消滅。



あぁ・・・・。


かぁさん。
世の中は、修羅バラバンバだよ。


ランキング


 

そこに触れたらあとはもぅ・・・

七人の侍に


メッタ切りにされた今日この頃、皆さんお元気ですか。

このままじゃ悔しい。
リベンジじゃ!

と再び勝負に挑んだら、またもや滅多切りにされてもぅ一滴の血も出やしねぇ。


七人の侍に登場するキャラたちが、
「もう食べるコメがねぇだ!」とか
「コメが盗まれただ!」とか
「このままじゃ死ぬしかねぇだ!」とか
そんな感じのビンボーくさいセリフを吐いてましたけど。
それを見るたびに、私も心の中でリフレイン。
「もう食べるコメがねぇだ!」  ・・・もぅ打つ金がねぇだ。

「このままじゃ死ぬしかねぇだ!」  ・・・・オラもだ。

そんなツマラナイ一人会話でハマリに耐えてる中、
あとからやってきてサクッと大当りをかました隣りのおっさんが、同情の視線を向けながらこう言ったんです。

「ぃやー
それにしも当たんないねー?(オレはサクサク当たってるけど※)
そのリーチでハズすなんてひどいねー?(オレ様は当たったけど※)」

※私には聞こえるオッサンの驕れる心の声

あーうざい。非常にウザい。
と思いながら、一応、「はぁ・・・。」とか「そーですねー」って大人の対応をしてたんですけどね。

調子にのったそのオッサンたらば
「もっとこの辺を狙ったほうがいいんじゃないのかなー?」とか言い出しやがりまして、

そんでもって、「結構ハマってるみたいだけど(オレ様は千円しか使ってないけど※)

いくら使ったの?

って。 ・・・・・カッチーン(怒

余  計  な  お  世  話  だ。

どうやらこのオッサン、大事なことがわかってないみたいなので、ここは一つ、あの方に言ってほしい。

いいかキサマら
yukimura.gif

人間には触れちゃならねぇ 痛みがあるんだ!


・・・・34ヒデヨモイナスですた。

まだまだ! ランキンぐ




 

もしもあの時・・・

人生は選択の連続よ。

右へ行くことを選んだらもう左へは行けない。
左へ進んだ先にある人生を知ることは決してない。

一度捨ててしまったものはもう手にすることはできない。

どんなに悔やんでも後戻りはできない。

選んだ道を覚悟して進むしかない。

そう、選んだのは誰でもない。
自分自身なんだから。


・・・・。

でもさー。

確かにさー。

捨てたのは私だけどさー。
選んだのは私だけどさー。

だからってさー。

速攻でサ
拾われてサ
幸せを見せつけられちゃったりしたらさ
なんかさ
もんのすんごく気分悪いんですよね。
捨てたことを地団駄踏んで悔やしがりたい気分。


そんなわけで。
パチンコにおけるマーフィーの法則。
「ハマりにハマって捨てた台。人が変われば電光石火の速攻大当り。」

粘った私はなんだったのー
と人生の無情をかみ締める瞬間。

ぇーとぉ。
今日はぁ
700ほど回した慶次があまりにもツレないので
迷ったけれど隣の台に移動したわけです。

で、3回転か4回転したあたりで
桜がぎゅいぃいいいい~ん!って。
もいっかぎゅぃ~~~~~~~ん!って。
もひとつおまけにギュィいいいいい~~~~~ん!って。

あっつー!
こりはかなり期待大。
どのリーチへ行くのか。

なんて思ってるうちにサクッと大当たり。

そう、
今ヤメたばかりの(元)私の台がね。

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~(悲

なにも・・

そんなに・・・・・・

 速攻で・・・・

当たらなくたって・・・・

そん・・・な・・・

いやがら・・・せ・・・・のような・・・・


テンチョーのばがーっ!!


カメラにガンつけ、涙と空虚感とともに終わった夏の1日。


チョイス ランキング


 

帰ってきたアイツ。

先週の金曜日、
お友達を待つ間の3時間冬ソナ勝負では

単発1回。

結局、16ヒデヨが旅立ったけれど、まー仕方がナイ。
あれは私も悪い。


その翌日。
甘デジチキンレースという名のもとに打ったのは「愛と誠」。
よく覚えてないけど、確か80分の1ぐらい。
そして、確変突入率100%

ひゃくぱーせんと!
そんなおいしい話がこの世にっ!?

・・・・あるはずもなく。

大当り後5回転ぽっちの確変というものを1度もモノにできないまま、
結局、「たんぱつ」「たんぱつ」「たんぱつ」「たんぱつ」「たんぱつ」でショボ終了。

・・・ま、仕方ナイ。
5回転じゃね。



そして、月曜日の勝負が鞍馬天狗。

なぜ?
なぜ今、鞍馬天狗?
誰に向けて鞍馬天狗?
鞍馬天狗世代って一体?
てか、鞍馬天狗ってナニ!?

と素朴な疑問は置いといて、打った。とにかく打った。

約320分の1ぐらいで確変60%

超激アツ!もうこれ当たっちゃう!と思わせぶりなリーチの数々をこれでもか!
というぐらいハズして必要以上のダメージを受けながらも、20ヒデヨ犠牲でなんとか大当り。

たんぱつ、であった。

そして、それがのまれる頃、また当たってくれた。


たんぱつ、であった。


そして、それもまたのまれ、あらたなヒデヨ数人を犠牲にしてまた当たってくれた。


た ん ぱ つ。

・・・・マジか。


悲嘆にくれつつ、打った。
次こそ確変だろうと希望に燃えながら。


そして、当たった。

確変が!

ただし、それは出玉ナシの突確というものであった。

次の当たりが勝負どころね!

と燃えたところで、確変当たり。

それもまた、出玉ナシの突確というものであった。

このとき、チラッと思ったよね。

まさか。
これで単発が当たって終了なんてことは・・・・・と。

そしたらさ。

当たったよね。

出玉のある


   た ん ぱ つ が 。



それをずっと見てた隣りのおじさんが首をかしげてた。

・・・首をかしげたいのはこの私だよね。
むしろ泣きたいね。

深い深ーいため息とともに、
それでも、次こそは確変!(ただし出玉のあるやつ)と、わずかな希望を胸に出玉を消化。

箱に残った銀玉を上皿にじゃららら~と移したところで

当たってくれた。


 「た」で始まる例のあれ。


 
・・・・まさか。

あいつの仕業か?

ヤツが戻ってきたのか?

私の心(と財布)をもてあそぶ・・・・

単発神が。


御祓い⇒ランキンぐ




 

 

このページの先頭へ

PREV  | HOME |  NEXT

このページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。