スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

泣く女

今日、思わず。

ベルばらを打ちながらきそうになりました。


別に、

単発がしかったわけじゃありません。


シマにたった一人でポツンと打っていたのがしかったわけでもなく、


そんな閑古鳥の鳴き声が聞こえるホールの行く末が心配になったわけでもなく、


ただなんとなく。

愛の歌@単発時を回も聴いていたら、切なくなったんです。

右を向いても左を向いても後ろを向いても、客はゼロ。

そんな素敵な環境で、愛の歌が響くんですよ。

ラウンド消化よりも、
思わず歌に聞き入っちゃって、気分はセンチメンタルジャーニー。


急に、もぅこの世にはいない大切だった人のことを思い出したりして・・・

最近、やたらとその人のことを思い出すんです。

・・・私、もしかしたら呼ばれてるんですかね?


      だったらもぅ、逝ってもいいな。

      





 
なんてセンチメンタル気分も、

負債が3みゃんえんを超えた時には
キレイサッパリ吹き飛んでいたわけで。

こんなところで感傷に浸っている場合ではなかった・・・。

最後には、違う意味で泣いた・・・。

32ヒデヨがベルサイユに散った・・・。




が。


気分は勝負モードに移行デスよ。

このまま終わるのも、なんかちょっとァレだよねー。

ってことで、

3ヒデヨを薄っぺらいカードに錬成して、
戦う少年少女@エヴァンゲリオンに賭けてみた。


したらば。

打ち始めてすぐに

SUアスカからシンクロリーチ。

でもって。

 暴走してくれちゃった。


 にゅふふふ~。

あー、幸せ。暴走大好きー。6連チャンすればプラス域突入だー。

と、イケイケゴーゴーな気分でいたけれど、
あっけなく2連で終わってしまった。

そう甘くはないのね。

でも、最後に当たりが引けたし気分ヨシ!

と思っていたら、

時短でまたもやシンクロから暴走へ。

ここで4連チャンすればプラス域!!


そして!



・・・3連チャンしたデスよ。


ビミョーに惜しい。


上皿分を打ち込んで、シュウリョー。


換金してみたら、


3みゃんご千円。


・・・と言うことは


  
 おぉぅ!プラマイゼロですよ。


  だけどちょっぴり勝利の気分。



やっぱりまだ逝けません。ランキング



スポンサーサイト

 

マッチョマン

はいつも、

上半身、なの。

ムキムキッと筋肉がついたマッチョなカラダが、きっと自慢なのね。

日に焼けた肌をテカテカと黒光りさせて、ワイルドさをアピール。 

頭には、変な鉢巻をしてたっけ。

・・・ナゾのファッションセンス。
     
一緒には歩きたくないタイプね。

いかにも強そうな見かけとはうらはらに、

てんで頼りにならない男だった。

だけど、悪いのは彼だけじゃない。

ヤメようと思えばいつでもヤメられたのに、

ついズルズルと付き合ってしまった私の優柔不断さもいけないのよ・・・・。


おかげで、
私は、こう叫ぶ羽目に陥った。


私の青春・・・ユキチを返してーっ!!



彼の名は、

ラン坊




・・・ってことで、

CRランボーでいっぱい負けたとです。

リベンジに挑んだら、軽く返り討ちにあっちゃって。

それでもしつこく挑んだら、
さらにヒドイ目にあっちゃって。

あぁ、悪夢の3日間。

・・・私のユキチ君10名ほどが消えました。

傷心の私は、
わずかに残ったユキチ君と、センチメンタルジャーニー。

知らない街を歩いていたら、
とあるお店の前に、ぁいつがいたんです。

・・・ラン坊@ぱち屋看板。

憎しみのあまり、
思わず回し蹴りをしそうになりました・・・。



そんなこんなの私ですが、
久しぶりに勝負へと行ったんです。

もぅ、汗臭いマッチョ男には懲りたので、

CRベルばら@乙女路線。

したらば。

 ぇへへへ。

   ぅふふふ。

 ってきたのょ、10ユキチ。

あぁ、癒された・・・。


もぅ離れないで、ユキチ~。ランキング


 

どこか遠くへ

CRランボーのおかげで

すっかりビンボーになってしまった悲しさを紛らわすため、

わずかに残ったユキチ君&ヒデヨ君と傷心旅行へ行っておりました。


そんなわけで、

コメントへのお返事もせず、放置気味で申し訳ナイです。


・・・と言いつつ、
また明日から、旅に出ます。

更新&コメントへのお返事は、もぅ2~3日、お待ちいただけると幸いです。




blogランキング


 

絶叫

ぁる日のこと。

ひとり、事務所で窓を開けて仕事をしていたら、
なにやら言い争う声が聞こえるのです。

通りで誰かがケンカしているのかな?
と思ったけれど、違うらしい。

延々と続く大声。

女のヒステリックな金切り声。

男の怒鳴り声。

・・・夫婦ケンカ?

しかし、ここはオフィスビル。

階下も階上も隣りも、
私の知る限り、ぉ固い会社のはず。

隣りのマンションから聞こえてくるのだろうか?

それとも、もっと上の階から?

仕事をしながらも、
そんなことを気にしてる私の耳に、

叫ぶ女の言葉がはっきりと聞こえた。



 「なんでもするから許してーっ!」



悲鳴にも近い叫びに、私の心臓もドキンドキン。

なんだか・・・チョットヤバクナイ?


 ・・そう言えば、言い争う声が聞こえてました。

なんて、警察の事情聴取に答えるような事態になったらどうしよう。

でも、
どこから聞こえてくるかも分からないのに、
どうすることもできないではないか。

などと、
一人悶々とする私であったが、
それを最後に声がピタリと止んだ。

・・・・・。

とりあえず。

明日の新聞ネタになるような事件ではないことを願いつつ、
何事もなかったように仕事に戻ったその日。


翌日。

何気にテレビを見ていると、
「昨日△時ごろ、このマンションに住むA子さん31歳が何者かに・・・」
と、見覚えのあるマンションが映し出され・・・



というようなことはないものの、

その後も数回に渡って
我が事務所に聞こえてくる男女の言い争う声。

ただの痴話喧嘩か?

もしや、ドメスティックバイオレンス?

まさか。

893に売春を強要される不法滞在の外国人女性・・・・。

などと、場所柄もあってあらぬ想像が取りとめもなく続く。


そう言えば・・。

こないだエレベーターで一緒になった男性2人の会話を思い出す。

「こないだ連れてきた女、○万円になった」

「××さんは、先月○人でン十万」

とかなんとか自慢げに言っていた。

風俗嬢のスカウトをしているらしぃ。

そのオフィスが同じビルの上の方の階にあるらしい。


・・・風俗かー。


もしや、

ぁの男女の言い争いは・・・


 プレイ?



どこまでも

謎と想像力が止まらない私であった。





そんな私は、
先日、CRランボーでかなり痛い目にあい、
ほんと。
「なんでもするから当たってー!」
と叫びたかった、って話はまた次回。



あぁ、東京砂漠。ランキング




 

ラクショー

キラキラッと光りながら
リラックス系ステップアップ予告がシンジ君まで発展し、

「父さん!ボクをエヴァに乗せてください!」

とやる気を見せ、

おまけに背景レイまで出現し、

さらには初号機が1機のみで出撃すれば、

期待も心拍数もMAXに近づくわけで。


だから、これをあっさりとハズした時、私は思った。



 ぃやー・・・。





 よかったっ!






 時短中で。



しかも。




9連チャンしたあとで。




そんなこんなで今日も勝っちゃいましたのエヴァンゲリオンサマサマ。


14歳のいたいけな少年少女は、

私のために身を呈して闘っているとしか思えぬ勢い。


背景予告を出せ、とハードルの高いミッションにさえ、

「伊吹マヤです!よろしくお願いします!」

と、ネルフスタッフまでもが応援してくださり。


そりゃもぅ、

「こちらこそ宜しくお願いします!」

とお返事だってしちゃうわけで。


そんな感じで、

意識モウロウとなることもなく。

カメラ目線で店長にガンを飛ばすこともなく。

涙目にすらならず。

自分のヒキを呪うこともなく。


平穏無事に

 46ヒデヨ捕獲。



 ちょっと調子にのった。ランキング



 

「ぬるいな。」

昨日、私の大切なユキチくんを殲滅してくれちゃったエヴァ様が、
どうやらイベントらしーのです。

昨日の痛手を引きずりながら、
恐る恐るエヴァのシマを覗いてみたら、

1列14台ほどがレディースシートですっって。

む・・・。

しかも、皆さん箱を積んでいらっしゃる。

むぅ・・・。

ふと見れば、
昨日の台が空いている。

むむむむ~。

釘を見てみたら、
「さぁ、いらっしゃい。損はさせないゎ。」
的な開き方をしている。・・・・よぅな気がするようなしないような。ぶっちゃけ分からん。

あぁ、どうしよう。

と迷いながらも打ち方始め。

スルルルッとチャッカーに入った1個目の玉でPB予告。
ボタンをポチっと押したらば。

「なりふりかまってらんないか。」

とミサトさん。

むぅ~。

余裕のない私を見透かしたような言葉であった。

そんな、感じわるぅ~いスタートをきり、

8ヒデヨが消えたところで、
本日初めてのアツイ予告、 背景レイ出現。

ちょこっと心拍数が高まるものの、

私の中で通常時の背景レイは、ハズレ確定演出なのですよ。


そして、
思ったとおりにあっさりさっくりハズしてくれた。

・・予想通りとは言え、結構へこむ。

ため息をつきつつ
新たなパッキーを買いに席を立つと、

ぁ?
 
 ・・・ぅそーん。


レディな皆さん、私以外は全員ドル箱を積んでいらっしゃる。

ますますヘコむ私であった。


まさか、今日もニョーボーナス・・・・
どぼじて・・どぼじて私だけ・・・・ぅぅぅ(涙

冗談抜きで涙目になったところで。

ビー!ビー!っと画面に警報の文字が。

 ん?

  ・・・にじんでる?

私の記憶が確かなら、
にじんだ警報の文字は、「パターン青です!」
に発展するとかしないとか。

はぃ、その通り。

「パターン青です!」

そして、マトリエルリーチへ発展。


・・・確か昨日も。

   こいつにやられて私のユキチくんが殲滅・・・。


諦め8:期待2ぐらいで見ていたら、




 ぅぉおおおおおおおおおおお!!!!!!!



たたー!


 ほんとにほんとに当たってくれたよ、ぉかあさーん!!!


そして。

魂のルフランなどを聞きながら。

6連チャンほどしてくださり。

15kプラス也。


 そう。

  ここでヤメれば、15ヒデヨが確実に私のものに。

どうしよぅ。

 あぁ、悩む。

昨日は4ユキチを犠牲にした。

 一昨日は、8箱分をサックリのまれて勝ち分を減らした。あの虚しさはもぅ味わいたくナイ。 

やっぱり、今日は確実に勝っておいた方がいいかなー。

と、激しく悩む。

来月、北海道に行く予定の私。

パチで負けて北海道行きをキャンセルするわけには行かぬ。

やはり、今日は確実に勝っておくべきか。

あぁでも、これだけ回る台を捨てるのもなー。でもなー。ハマったらオシマイだしなー。

 あぁ。どうしよう・・・。


と、10円ハゲができちゃうほどに悩みつつ、結局は。


換金の道を選び、手堅く15kを手にしたのである。


 




そして。





その15kを新たな戦闘部隊として、勝負続行。 



でもって。



やっぱり、ヤメとけばよかった・・・・。



と、後悔に襲われながら打ち続け、


プラス分が4kまで減ったところで。

再び、画面に赤い警報の文字が。


「パターン青です!」

わらわら~ッとカオル群浮上。

サハクィエルリーチへと発展し、最高潮に盛り上がる。


 もし。

   これでハズレたら・・・


 私の精神汚染が進んでしまぅ・・・。



緊張しまくりで見守っていると。


「ヤッター!」


と喜ぶスタッフの皆さん。

無事に、使徒殲滅。


その後、
それほど連チャンはしないものの、

ぁれ?これって甘デジだっけ?

ってくらいにサクサクサクッと当たりを引き続け、

3時間後には、

86ヒデヨぷらすで闘い終了。

 
 ヤッター!



「誰かのいたずらかしら?」ランキング



 

残酷なペテン師

ぱちんこ日記。10日。

何を間違ったか、
私にしては珍しく、
甘デジタイプ(約99分の1)のパチ台で勝負に挑んだこの日。

ピンクパンサーで負ったマイナス1ユキチを
CR WINKで取り返すのに要した時間は5時間。

だけど結局。

ハマってのまれて、はい終了。

遊べるパチンコが売りらしいけど、

私が遊ばれて終わっちゃったのね。

あぁ、疲れた。

やっぱり、
一気にドル箱タワーが築けるスピード感のあるパチが好き。

ってことで、
虚しさと疲労感を味わいながら、退却!たいきゃくー。



そして、さらに2時間後。


半分意識を失いながら、エヴァ2を打ってる私がいたわけで。

打ち始めて履歴を見たら、
2100回ハマッて単発の恐ろしい台であった。

そしてさらに、1000回転突破に向けて奮闘する私。

心拍数を上げる予告もなく。
ノーマルリーチすらろくにかからない静か過ぎるほど静かなエヴァ。

だけど、回る。
23回/1kは、私の中ではイケイケGO!GO!なのだ。

とりあえず、1000回転を目指してがんばるどー。

と、目標にした1000回転目前で。

キラキラ光りながらリラックス系ステップアップ予告が出現し、
シンジ君が
「父さん!ぼくを初号機に乗せてください!」
とかなんとかやる気を見せていらっしゃる。

あっつい。
これは熱いはず。

が。

なにかもぅ一言足りないような気がしないでもなくもなく。

でもって発展した先は初号機リーチ。

あぁ、ますますハズれる気配濃厚。


そして。



当たっちゃったの。




 私のハズれる予感が。  ふっ。

      

けれども。

それからわずか数回転後に、再びチャンス到来。

「チャンスよ。」
とかわいい横顔でつぶやくSU3が出現し、
 
ストーリー系マトリエルリーチへと発展しましたよ。

足長蜘蛛みたいな敵と戦ういたいけな14歳の少年少女。


そして、数十秒後。


 あぁぁあぁーーーっ!!!!


 と叫び声を残して、


何事もなかったかのように次の回転が始まってしまった虚しさ。


1000回転突破無事達成。

 
その後、再びエヴァ沈黙す。


そして、四諭吉殲滅。



私を補完してください。ランキング



 

桃豹

隣りで打ってるおじさんが。

角刈りヘア&鼻の下にチョビ髭を生やし、
7連チャンほどなさってるおじさんが。

当たりを引くたびに、私を見るのです。

単発が確変に昇格するたびに、私を見るのです。

まるで、

 「どぉ?どぉ? すごいでしょ?すごいでしょ?」

ってな感じで。

・・・ぉまえは3歳児か?

と、心の中でツッコミを入れつつ、
意地でもおじさんを無視する私であった。


そんな感じのぱちんこ日記。9日。

そりゃ私だって。

おじさんの方を見て、
ニッコリ微笑むぐらいの社交性は持ち合わせているのです。

なんだったら、
「スゴイですね♪」
と言ってあげてもいい。


でも、今はムリ


CR子連れ狼でゲットした大量の出玉をのみこまれ、
天国から地獄の気分を味わってる今、

他人に愛想をふりまく余裕などナッシング。

超不機嫌なんだからもー。


 あぁ・・
 あそこでヤメておけばよかったかなー。
 せっかく北海道までのチケット代が稼げたのになー。
 ぃや、でもなー。
 やっぱりなー。
 んー。どこで間違ったのかなー。

と、反省とも後悔ともつかない感情に流されながら、
CRピンクパンサーⅡw(98分の1)に移動。(←ココが一番間違ってる)


98分の1だったら、サクッと当たってさ。
うまくすれば連チャンしちゃうかもしんないじゃん?
と、甘い考えで打ち始めたものの。

気がつけば、すでに1ユキチが消え、
余裕のプラスで終わるはずが、マイナス域に突入してしまったわけで。

甘デジとはいえ、一向に当たる気配のないピンクパンサー。
熱そうなリーチが来ても当たらない。
それを見て、隣りの角刈りちょび髭が大げさに首をかしげる。

でもって、自分が当たると手を叩いて大喜び。
そして、私を見る。
確変に昇格すると、また私を見る。

キラキラと目を輝かせ、

どぉ?すごいでしょ?
おじさん、また確変引いちゃったー。ぇへへ♪

と言っている。(ように感じる)

 
  ・・・・・・キィーーーーーッ!!!!


おじさんの無邪気さ(というか無神経さというか)が、
私の不機嫌を加速させるんですってばよ。


・・でも。
負けても3kぐらいだし。
仕方ナイ。ぅん。仕方ナイ。

と自分を慰めながらパッキーを消化していると、

突然、役物のティアラが動いてきらびやかな光を放ち、

当たた。


何とかモードになって、
どうやら下ではなく、上を狙って打つらしい。

玉の打ち出しを止めて、上のアタッカーが開くのを待っていると、
隣りのちょび髭おじさんが、
「ココ!ココ!」
と指をさして教えてくれた。

 ・・・知ってます。


ちなみにこのスペックは、出玉は決して甘くナイ。
当たってもたったの5Rぽっち。
確変が連チャンしてくれるのを願うしかない。

・・・速攻で終わってしまったけれども(涙

軽く絶望感に打ちひしがれる私であった。


が、

時短中にまた当たってくれて、
それなりに連チャンして1箱山盛り。

結局、5ヒデヨがお財布に増えた。


だけど癒されないこの虚しさよ。

・・・ふぅ



しとしとぴっちゃん。ランキング



 

思わせぶり

ぱち日記。続き@7日。

超激アツちっくな予告&リーチをハズす隣りの台を見て、
かわいそうなのは自分だけじゃなかった。
と、軽く癒される私であった。

ちなみに、隣りのおじさんは、
ぁりえねぇー。
って感じで首を横にフリフリして、速攻でその台を離れていた。

おじさんには本当に申し訳ナイような気もするが、
ちょっぴり気分も明るくなって打ち方続行。

すると、ほどなく。

今度は私の台が、派手な効果音とともにリーチへ発展し、
さらにド派手な音ときらびやかない光を放ってドデカ扇出現の復活演出。

ちなみに、デカ扇の信頼度は、 <  < なのですよ。

レインボーでもダメなのに、
赤で当たるわけないじゃんねー。

とシラッと見ていると。

ドデカ扇の陰から現れた画面には、「祭」の文字が。


 ん?

  祭?



祭!!



祭、それは突確

ぅきゃ!

当たた!


・・・てか、ちゃんと当たるんだ、この台。

と、妙に感心しながら次の当たりを待つ私。

確 変 で 当 た れ ~ 。

と念じる私の目に映ったものは、

3つ揃った
夢も希望もありゃしねー図柄であった。

 ちっ。

やさぐれる私であったが、
時短中にドデカ青短冊が画面に出現し、当たってくれた。

たんかす。

・・・と思いきや、確変昇格。

ぅきゃきゃ!

だけどもあっさりさっぱり1セット。

あとちょっとでプラス域なのにー。

としつこく粘ったら、
出玉はのまれ、マイナスが拡大しちゃった悲劇。


最期の1箱に手をかけようとしたところで、
蛍リーチだかなんだかに発展し、
当たってくれたの、確変が。

かろうじてプラス域に到達したことを確認して、即終了。

そんなこんなで
3kプラスのプチ勝利。

時間にして、4時間ちょっと。
もぅ
ぉなかいっぱいです。


あ。そうそう。

レインボー扇、激熱!!

と書いてるリーチガイド、

激熱!の文字をマジックで消して
ハズレ確定!
って書き直しておきました。(気持ち的に。

だって、3回全部ハズれたんだものー。




むしろイヤガラセ演出。ランキング




 

人生って・・・?

開いた扇子に激熱と書かれていても。

赤い短冊がどどぉーんと増えても。

ちっちゃい扇がシャキーン!と鳴って、バッサバッサと3回、4回連続しても。

左の図柄も右の図柄もキラキランと光って美空札にチェンジしても。

でっかい扇がの輝きを放ち、
ガッツポーズのひばりサマがカットインしても。

♪人生ってぇえぇぇ~~
と、ひばりサマが切なく歌い上げても。


まったく当たらないのは、

   そういう仕様なんでしょ?>>ぱちんこ華王 美空ひばり


・・・・それとも、ぁれか?

   私が特別にカワイソウなのか?


と、誰にともなく問いかけながら打ったぱちんこ日記。7日。

こないだはさ、
なんてったって、初打ちだったから。

リーチガイドに書いてある「激熱」の文字を鵜呑みにしちゃったけど。

でもって、
激アツ四重奏をハズして、思わず意識を失いかけたけど。

ほんとは大して熱くなかったのかもしんないじゃん?

やっぱり、
自分で打って体感してみないとね。


と、意気込んで打ち始めたものの。

100回転しても

200回転しても、

300回転しても、

まったく熱そうな予告もリーチもこないのです。


 ・・・退屈だ。

と、ぼぉーーーっとしていると、

いきなり、
シャキーン!バサバサ!
とミニ扇が動き出しましたよ。

これは、連続予告!
続けば続くほどアツイのだ!

これが3回?4回?
・・とにかくそれなりに連続してリーチ!

続いて、
キャラーン!とレインボーの輝きを放ってデッカイ扇が液晶を覆い、

ガッツポーズをしたひばりサマがカットイン。

おぉぉお!

これはアツイ。 アツいはず。


んでもって、
なんかのリーチに発展し、

当然のようにハズれるも・・・

またもやキャリラリラーン!
と虹色に輝く扇が液晶を覆う。

そして、

画面にでっかく浮かび上がる美空@金色の二文字。

女王ひばりがステージ上で切々と人生を歌っている。

 ・・・プレミアか?

と思うぐらいの派手なリーチなのである。

そして・・・


♪人生ってぇえぇ~


の歌声とともに、
図柄がチェンジし、




 バシュッ!






と、止まる。



 ハズレ図柄が。





 うぁっ!

  ハズれたっ!!!






・・・・そうかー。

やっぱり、普通にハズれるのかー。

そっかそっかー。





と、隣りの台を横目で見ながら納得する私。

私もさ、それと同じ感じでハズれちゃったんだよねー。

あまりにもヒドイ仕打ちだと思ったけど、

よくあることなのかー。

そっかそっかー。


と、隣りで打ってるおじさんには申し訳ないが、

軽く癒される私であった。



 つづく。 (眠い)

  


激アツ!・・・??ランキング





 

 

このページの先頭へ

 | HOME |  NEXT

このページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。